えびでんす » 治療例 - 間質性膀胱炎の治療例を見る

治療例 - 間質性膀胱炎の治療例を見る

間質性膀胱炎の治療例9

病名 間質性膀胱炎、過活動膀胱
いくつかの病院へいったがはっきりしない。
年齢性別 30才女性
症状 トイレがちかい。
常に膀胱に尿がたまっている感じ。
常に膀胱に違和感がある。
尿意がありトイレに行っても少ししか尿が出ない。
トイレに行ってもすぐにまたトイレに行きたくなる。
今までの治療 2~3年前にも同じようなことがあり、病院で抗生物質と漢方で改善。
今回は3ヵ月前から3ヶ所の病院を渡り歩いているが、いっこうに治る気配がない。
当院での治療経過 1回目の治療後、数か月来院がなかった。
数ヵ月後の来院時に確認。

前回の治療後からすごく楽になり、夜起きることなく眠れている。


間質性膀胱炎の治療例8

病名 間質性膀胱炎
年齢性別 75才女性
症状 3年前に膀胱炎を4回発病。
尿がたまってくると痛む。
頻尿で出かけることもままならない。
今までの治療 病院で検査したが「異常なし」と診断される。
水圧拡張の手術を受けるが、2カ月程度しか効果が続かなかった。
漢方を4ヵ月間服用、効果なし。
当院での治療経過 週一回の治療を継続して行う。
1回目の治療後、変化ない。
2         、変化ない。とにかく痛い。
4         、家族に「痛いとあまり言わなくなった」と言われたが、痛い。
6         、調子のいい日がでてきた。
10        、痛みがだいぶ軽い。
11        、いままで美容院で4回はトイレに行っていたが、今回は1回もトイレに行かなかった。

調子がよくなってきたので2週間に一回の治療を継続

18        、トイレの回数が減っている。調子いい時は忘れていられるようになった。


間質性膀胱炎の治療例7

病名 間質性膀胱炎
年齢性別 29才女性
症状 15年前から痛みはないが常違和感があり、ひん尿。ひどいときは30分に一回。
今までの治療 4年前、2年前と水圧拡張の手術を受けるも効果なし。
当院での治療経過 週一回の治療を継続して行う。
10回目、違和感が軽く調子がいい日がある。
20回目、調子が悪い日が気になる。ひん尿は軽くなってきている。
50回目、気にならない日が多い。
2週間に一回の治療を継続
なんとなく良くなっている感じがしている。


間質性膀胱炎の治療例6

病名 間質性膀胱炎
年齢性別 30才女性
症状 下腹部の不快感、尿がたまると膀胱が痛む。ひん尿、1時間に一回。
今までの治療 病院で診断後、渡された薬を飲んでも改善しないので漢方薬を飲んで少し改善した
当院での治療経過 1回目、患者本人は治療後も変化を感じていない。
2回目、1回目の治療で「もしかしたら楽になったかも」という感じ。
3回目、2回目の治療3日後から確実に改善したと感じた。
4回目、気にならなくなり、仕事にも差し支えなくなった。睡眠は睡眠導入剤を使えば朝まで寝られる。
5回目、少しぶり返している。
6回目、排尿時尿道が少ししみる。
8回目、9割回復したと感じる
11回目、9割9分回復したと感じる。


間質性膀胱炎の治療例5

病名 間質性膀胱炎
年齢性別 42才女性
症状 薬の服用で効果なし。漢方薬を服用していて体は温かくなったが症状の改善はあまりない。
今までの治療 2か月前病院で検査、性病ではないということで大病院へ。前立腺炎と診断される。薬を飲むが変化はない。
当院での治療経過 2週間に一回の治療を継続して行う。
2回目、痛みをほとんど感じない。ひん尿はまだ残る。
3回目、痛みは感じない。ひん尿はまだ残る。
4回目、痛みはない。ひん尿も改善してきている。


間質性膀胱炎の治療例4

病名 間質性膀胱炎
年齢性別 35才女性
症状 歩行時の振動で膀胱が痛む。寝ていても膀胱の痛みで起きる。
今までの治療 薬の服用で効果なし。膀胱拡張術を行うも戻ってしまう
当院での治療経過 周一回の治療を継続して行う。
1回目、歩行時の痛み、夜間の痛みが少なくなる。
2回目、痛みをほとんど感じない。ひん尿はまだ残る。
7回目、ほとんど気にならなくなった。
8回目、膀胱炎になる前のようにお酒を飲んで頻尿が再発した。しかし、症状は以前程ではない。


間質性膀胱炎の治療例3

病名 間質性膀胱炎の治療例3
年齢性別 61才女性
症状 40年前より尿道から膀胱にかけてひりひり痛む。歩行時も膀胱に響く。
今まで治療 薬の服用で効果なし。他の治療院で鍼治療を行うも効果なし。
3年前に膀胱拡張術を行ったがもとに戻っている。
当院での治療経過 周一回の治療を継続して行う。
1回目、いいような気がする程度。
2回目、よくなりそうな気がする程度。
4回目、痛みが軽減した。
5回目、痛みがなくなった。尿量が少ない200cc程度。


間質性膀胱炎の治療例2

病名 間質性膀胱炎の治療例2
年齢性別 51女性
症状 5年前に間質性膀胱炎と診断を受ける。膀胱、下腹部の痛みが常にある。
ひん尿、残尿感。
今までの治療 漢方薬を処方されて痛みは軽くなってきているが痛む。
当院での治療経過 1回目の1週間で2回目の治療、朝の激痛が軽くなっている。
5回目、尿に勢いがでてきた。
6回目、忙しくさなのか痛みはほとんど気にならない。


間質性膀胱炎の治療例1

病名 間質性膀胱炎の治療例1
年齢 性別 37 女性
症状 1年前から膀胱炎。膀胱、下腹部の痛みが常にある。
今までの治療 抗生物質を服用するも効果なし。漢方を処方され服用を続けないと痛みが出る
当院での治療経過 週一回の治療を継続
2回目、少し変わったかもしれないという程度。
3回目、二日前から痛みが出てくる。それまでは痛みがなかった。
4回目、確実に改善していることを実感。
6回目、全く痛みが無くなった。


JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

電話 03-3946-6120

平日 10:00〜21:00(月曜定休 受付20:00まで) 休日・祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)

医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

03-3946-6102

平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

WEBからのお問合せ・ご相談

WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。