えびでんす » 病名から探す » 蓄膿症、慢性副鼻腔炎の治療

蓄膿症、慢性副鼻腔炎の治療

蓄膿症、慢性副鼻腔炎

蓄膿症

蓄膿症の医学的な表現が慢性副鼻腔炎となります。
蓄膿症を治すには副鼻腔にたまった膿を取り除く必要があります。

病院に行くと薬、もしくは手術となります。
手術をしても再発することも多いようです。

【保存治療】
・ ネブライザー治療
・ 抗生物質による細菌除去
・ 蛋白分解酵素で、膿を排出しやすくする
・ 消炎鎮痛剤で、炎症・痛みを抑える

【手術】
・鼻内内視鏡手術→現在では、内視鏡による手術がほとんどである
・前頭洞手術→前頭洞の病変に対しては現在でも外切開による治療が行われることがある

こんな症状やお悩みは、ありませんか?

  • 薬を使っているけど蓄膿症、慢性副鼻腔炎が改善しない
  • 手術をしたけど蓄膿症、慢性副鼻腔炎の症状がとれない
  • ティッシュが手放せない
  • 匂いがわからない

蓄膿症、慢性副鼻腔炎の膿が鼻からでてくる!

慢性副鼻腔炎

そんな夢のようなことがおきるんです!

鼻の周りの血行を改善することで自然と起こります。

出てくるときはとにかく鼻くそがよく出ること出ること。

当院では「鼻くそ祭り」なんて表現をします。

それが起これば蓄膿症は改善します。

蓄膿症が改善すると、食べ物の味がよくわかるようになり食事が楽しくなります。

ただ、まずいものはホントにまずく感じるため食べられなくなります…

このまま薬を続けますか?体を治しますか?

JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

電話 03-3946-6120

平日 10:00〜21:00(月曜定休 受付20:00まで) 休日・祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)

医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

03-3946-6102

平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

WEBからのお問合せ・ご相談

WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。