えびでんす » 病名から探す » 高血圧

高血圧

高血圧症

高血圧

血圧が少し高いくらいでは、ほとんど自覚症状はありませんが、高血圧状態を長期間放置すると動脈硬化をまねき、脳卒中などの脳血管疾患や心臓病、腎疾患など多くの疾病を引き起こしやすくなります。

日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2009」による高血圧の基準値は、診察室血圧値で140/90mmHg、家庭血圧で135/85mmHgで、これ以上の場合は高血圧として治療の対象となります。

こんな症状やお悩みは、ありませんか?

  • 薬を飲んでいるけど血圧が下がらない
  • 食事療法をしているけど血圧が下がらない
  • 運動療法をしているけど血圧が下がらない

肩こりが原因のこともあります!

高血圧

肩こりの原因が何なのか、それを探し当てるのが技術です。

本当の肩こりの原因を探し、それにアプローチしていきます。

高血圧という症状がでるほどの肩こりです。

一回の治療ですぐ治るわけではありません。

「治療をして、休息をとる」

それを繰り返すことが必要になります。

このまま薬を続けますか?本当の原因から解消しますか?

 

日本高血圧学会では高血圧の基準を以下のように定めている。
分類 収縮期血圧(mmHg) 拡張期血圧(mmHg)
至適血圧
<120 かつ <80
正常血圧
<130 かつ <85
正常高値血圧
130〜139 または 85〜89
Ⅰ度(軽症)高血圧
140〜159 または 90〜99
Ⅱ度(中等症)高血圧
160〜179 または 100〜109
Ⅲ度(重症)高血圧
≧180 または ≧110
収縮期高血圧
≧140 かつ <90
すなわち、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされている。しかし、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされている。
 

 

JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

電話 03-3946-6120

平日 10:00〜21:00(月曜定休 受付20:00まで) 休日・祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)

医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

03-3946-6102

平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

WEBからのお問合せ・ご相談

WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。