えびでんす » 院長コラム » 慢性前立腺炎の薬が処方されるまで1
【2015.09.17】 [ 原因、診断、薬 ]

慢性前立腺炎の薬が処方されるまで1

慢性前立腺炎の定義

前立腺炎 カテゴリー Ⅰ 急性前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)
カテゴリー Ⅱ 慢性前立腺炎(慢性細菌性前立腺炎)
カテゴリー Ⅲ A 慢性非細菌性前立腺炎・慢性骨盤痛(炎症性)
カテゴリー Ⅲ B 慢性非細菌性前立腺炎・慢性骨盤痛(非炎症性)
カテゴリー Ⅳ 無症候性炎症性前立腺炎
※現在、日本のほとんどの泌尿器科において慢性前立腺炎は1999年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)が報告した下記の分類に従って診断しています。

慢性前立腺炎薬処方

前立腺炎の分類を解りやすく解説します。この分類は前立腺炎を状態、菌、炎症によって分類しています。状態を急性・慢性、炎症性・非炎症性、細菌を細菌性・非細菌性、と区別して分類しているのです。

 

慢性前立腺炎治療薬1

 

急性とは症状が強く現れていて生活が行えない状態、慢性はその逆で生活はできるものの、症状はなんとなくある状態。炎症とは赤く腫れて痛い状態のことをいいます。慢性前立腺炎の診断においては前立腺液に含まれる白血球を検査して白血球が多ければ炎症性、多くなければ非炎症性となります。また、前立腺液に含まれる細菌を検査し、その中の細菌の有無で区別します。細菌があれば細菌性、なければ非細菌性となります。

カテゴリーⅣの無症候性炎症性前立腺炎とは自覚症状がないにもかかわらず前立腺液に白血球が多い状態です。病院で前立腺炎ではなく、その他の病気や症状で検査をした際にたまたま前立腺液にも白血球が多いと判った場合に分類されることがありますが、治療は行いませんし症状がなければ病院に行くことはないので、まずこれと診断されることありません。

慢性前立腺炎の治療例はこちら!!

  • JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    電話 03-3946-6120

    平日土曜日 10:00〜21:00( 受付20:00まで) 祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)月曜日日曜日定休

    医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

    からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

    JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    03-3946-6102

    平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

    WEBからのお問合せ・ご相談

    WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。