えびでんす » 院長コラム » 雲取山トレーニング
【2016.08.20】 [ トレーニング ]

雲取山トレーニング

8月15日

久しぶりにトレラン。

八重山トレイルレース以来です。

 

9月10日に参加予定の武尊山のトレイルランのためのトレーニング。

武尊山トレイルランの距離が75km、標高差が4500mという自分にはとてつもなく大きな大会です。

したがって、それなりのトレーニングをしないといけません。

 

そこで、トレランのコーチ(相手がどう思っているかわかりませんが、勝手に自分で決めてしまいました。)がトレーニングをセッティングしてくれました。

今回のコースはこちら↓↓

雲取山

雲取山断面

 

距離 33km

累積標高 2800m

長くて辛いトレーニングの始まりです。

 

まずは、奥多摩駅からバスで30分。

スタート地点の東日原まで移動。

奥多摩
7:30 トレーニング開始!

登り始める、とずっとこんな状況が続きます。

視界は開けず、

コーチがだんだん小さくなる…

でも、森の中は最高に気持ちいい!!

DSC_1483_R

 

 

なんでこんなふうに育ってしまったのだろうか。

DSC_1480_R
 

10:06 やっと絶景のご褒美!!

こういう景色を見ると、ストレスが一気になくなります!!

DSC_1485_R

DSC_1484_R

DSC_1486_R

 

高所恐怖症の自分にはけっこう怖い…

こんなところが、沢山ありました。

DSC_1489_R

14:12 芋の木ドッケ 18km 7時間登ってきました。

あと一息!!3kmで雲取山、今回の山行のピークになります。

DSC_1494_R
15:00 雲取山荘 21km 8時間で今回のピークに到着しました。

少し前から雨が強くなり、足元はグチョグチョ…

視界は100m。

雨だと暗くなるのも早いので、山頂へは行かずに下山します。

ここで食べるカップヌードル、400円しますが、疲れた身体にはプレイスレス!!

DSC_1496_R-e1474448117703
残りは 10km 1300m の下りだけとなりました。

自分の中では、ほぼ終わった感がありました。

下りだけなら、もう力はいらないから大丈夫!

 

でも、写真を撮影してくれた人(A氏)からは

「これから下りですか?あり得ない、日が沈んじゃうよ!?」

自分たち

「ライト持ってきてるから大丈夫ですよ。」

A氏

「降りてもバス無くないですか?」

自分たち

「バスの時間までに、3時間半もあれば大丈夫ですよ。」

A氏

「そんな時間で行っちゃうの??」

 

自分が

『スピードの面では少しトレイルランナーになれたのかな!?』

と思った瞬間でした。

 

下っていると、だんだん晴れてきて、富士山まで見渡せました。

雲が動いている一瞬のこういう風景が大好きなので、写真をいっぱい撮ってしまいました。

DSC_1498_R

DSC_1499_R

DSC_1501_R

DSC_1503_R

下りは予想通り、問題なくコーチの後ろをついていくことができました。

ノンストップで走り続けて、

 

17:30 鴨沢登山口バス停到着

トレーニング終了となりました。

距離 33km

累積標高 2800m

時間 10時間

 

DSC_1508_R

 

前回の富士山までの自転車トレーニングと今回の雲取山のトレーニングこの2回で武尊山に向けたトレーニングは終了です。

武尊山トレイルランは今回のトレーニングの倍以上の距離75kmで制限時間は24時間。

完走できるのか、不安しかありません…

 

 

  • JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    電話 03-3946-6120

    平日土曜日 10:00〜21:00( 受付20:00まで) 祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)月曜日日曜日定休

    医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

    からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

    JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    03-3946-6102

    平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

    WEBからのお問合せ・ご相談

    WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。