えびでんす » 院長コラム » 前立腺炎と漢方薬
【2015.10.25】 [ 原因、診断、薬 ]

前立腺炎と漢方薬

漢方薬

慢性前立腺炎の患者さんから聞く病院で処方された漢方薬は次のものがありました。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

五積散(ごしゃくさん)

猪苓湯(ちょれいとう)

八味地黄丸(はちみじおうがん)

六味丸(ろくみがん)

えびでんすに来される患者さんは漢方薬である程度効果があったが、ある程度以上は効果が無くて困っている方や、漢方薬が全く効果が無く困っている方ばかりなので「漢方薬だけで治る」とはいいきれません。

しかし、慢性前立腺炎が漢方薬だけで治っている方もいるのではないでしょうか。

 

今現在、漢方薬を医師が症状や病名に基づいて処方しています。

しかし、元来漢方薬を処方するには漢方を処方するための診断を行っていました。

 

その診断方法を四診(ししん)といいます。

四診とは望診、聞診、問診、切診の四つを合わせたもの。

望診では顔色や舌をみます。

聞診では声の調子や、呼吸音、体臭や口臭などの臭いをみます。

問診では主訴、自覚症状、家族歴、現病歴、既病歴、生活状態などをみます。

切診では腹診(お腹の状態)脉診(手首の脈からどの経絡が乱れているかをみる)をみます。

これらを総合して、処方する漢方を決めるのです。

 

病院で四診をして漢方を処方する医師はたいへん稀です。

現在、処方される漢方薬はかなり簡易的なものとなっています。

  • JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    電話 03-3946-6120

    平日土曜日 10:00〜21:00( 受付20:00まで) 祝日 10:00〜19:00(受付18:00まで)月曜日日曜日定休

    医師からの信頼ある実績 金子保谷内科クリニックからの信頼

    からだほぐしの新発想 ほぐセルhoguseru

    JR巣鴨駅すぐそば 整体はり灸、指圧院 ご予約ご相談はお気軽にお電話を

    03-3946-6102

    平日(月曜定休 受付20:00まで)10:00〜21:00 休日・祝日(受付18:00まで)10:00〜19:00日曜日は隔週休み

    WEBからのお問合せ・ご相談

    WEBは問い合わせ、ご相談のみになります。診療のご予約はお電話でお願いいたします。